柿渋石鹸との出会いは、娘に「臭い!」と言われたのがキッカケ

私はもともと汗っかきで脂性で、その上緊張しやすい性格なので季節に関係なく仕事中は脂汗をかくことが多く、いつも会社から帰ると家族から臭うと言われていました。(泣) 実際、自分でも臭うので仕方ありません・・・

体質だから仕方ないと諦めていましたが、ある日、中学生の娘から「お父さんの体臭いから近寄らないでよ!」と言われてさすがにショックでした。(苦笑)

それからは、石鹸選びや風呂での体の洗い方には注意するようになりましたが、風呂から上がったあともワキの臭いは完全には取れず、朝起きるとすでに自分でも臭いと感じるほどの酷さでした。

ワキガに加齢臭が加わり・・・もうどうしようもない状態でした。。。

そんなある日、新聞で目にしたのが「柿渋石鹸」という文字でした。 渋の泡』という石鹸の広告でした。
すぐに「コレだ!」と思った私は早速注文して使ってみることにしました。

『渋の泡』を使ってみて・・・驚きの結果が!

届いた柿渋石鹸渋の泡』は90gとやや大きめの丸型。 この大きさは男の手の大きさにちょうど良いですね。 銀色の袋を破り取り出した石鹸は、ほんのりとハーブのような香りがなかなか良いです。

あと、泡立て&身体を洗うためのボール型のネットがついてきます。
以前、妻の化粧石けんを使ったことがあるのですが、それについていた泡立てネットのように袋状になっていないので、石鹸を入れることができないので、最初は使いにくいかなと思ったのですが、そうでもありませんでした。

それは、この柿渋石鹸は比較的柔らかいタイプで、特に水に濡れると柔らかくなり、泡立ちがものすごく良いからです。 コマーシャルでよく見るモコモコの泡が簡単に作れるのにびっくりしました。 なので、泡が全身によく伸びでとても使いやすいですね。

洗った後は、スグには流さずに泡をつけたままで少し待つと効果的なようです。

そして、その効果ですが、風呂から上がってびっくりしました。 これまで色んな石鹸やボディーソープで洗っても完全に無くならなかったワキの臭いが全くしないのです!

翌日の朝起きても、ほとんど臭いは無し!
ほんとマジ感動
でした。

でもさすがに夕方ともなると臭ってきますが、それでも以前のように強烈な臭いではなくなってきたのです。
しばらく使っていると、だんだんその臭いが薄れていくのが実感でき、感動の毎日となりました。

今では、仕事から帰っても家族に「臭う」と言われなくなりました! 『渋の泡』を使って本当に良かったと思います。

柿渋石鹸の意外な効果!

この柿渋石鹸を使って感じたのは、臭いがなくなるということだけでなく、なんと肌の状態も改善されたのです。

夏場は蒸れてお尻がムズムズ、冬場は乾燥で腰周りがカサカサでとても痒く、お尻と腰周りの肌はいつも荒れた状態でした。 ところが、渋の泡』を使うようになってから改善されたのです。

おかげで、風呂上りに肌荒れ用のクリームを塗る必要がなくなって助かりました。
加齢臭だけでなく肌の状態まで良くしてくれた「柿渋石鹸」にはホント感謝しています!

とりあえず清潔にすることを心がけています

体臭を抑えるために大切な基本中の基本は、やっぱり清潔にすることだと思います。 とは言え臭いが気になるからと力一杯ゴシゴシと洗うのも肌に良くありません。 また、洗いすぎは必要な皮脂まで取り去り、無くなった皮脂を補おうと皮膚が更に皮脂を分泌し、余計に臭いが悪化してしまうという可能性もあります。 なので、優しく、でもしっかりと洗うようにしています。

これからの季節は制汗スプレーなどを使うことも増えてきます。 こういったアイテムは汗をかいた後に使いがちですが、実は汗をかく前に使うのが正解です。 なので、お風呂上りや出かける前などにスプレーしておくと汗や臭いを抑えることが出来ます。 汗拭きシートで汗を拭き取ってからスプレーをするというのも良いと思います。

また、デオドランドは色々な香りがついているアイテムも多いです。 つい香りつきを選んでしまいがちですが、本当に臭いが気になるという人は無香料を選ぶことをオススメします。 臭いとデオドランドの香りが混ざって悲惨なことにならないようにする為です。"

    <リンク>